_

本と酒と怠惰

f:id:the_drunken:20131031161159j:plain

 

身体的には随分と疲労しているのだけれど、精神的にとても落ち着いた日々を遅れている。よいこと。しらたまのお陰かな。ありがたや。デジイチは身の丈に合わなさすぎるので別なのを物色中。ソニーのやつがパソコンに取り込むの簡単そう、アナログ人間だからとにかく簡単なやつを、ね。こないだ、しらたま自慢配信をゲストを呼んでやったのに、そのゲストの声が入っていなかったの。残念無念。機械はむつかしい。嫌いではないので、ぼちぼち、いろいろ、いじくってみる。

愛は世界を救えないけれど素晴らしい(世界なんて大きなものではなく、隣人ニアイコール小さなものは救える。はず。)と常々感じているのだけれど、しらたまと暮らすようになって改めてその素晴らしさに、ため息が出る。己の心をも満たしてくれる。カウンセリングの先生も、何かを大切に思う気持ちは、自分のためにもなると言っていたのできっと正しいことなのよ、これは。でも、ほんとうは、世の中に絶対なものはないから、この愛をいつまで持続させられるか不安でもある。猫は長生きだしね。だからといって放棄するつもりではない。ただ、自信がないだけ。たいへんだわ。