読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

_

本と酒と怠惰

十二

通院日。

お酒でつらさを誤魔化すことは死ぬよりいいじゃない、という言葉に疑問が残る。死ぬことは、もしかしたら、とっても素敵な体験かもしれないのに。それは私が死に誘惑されている所為?死が身近になってしまっている所為?なんにせよ、生が素晴らしいという考えには首を傾げる。苦痛しかないのならば、いっそ、ね。

新年早々、猫が脱走したりと(帰ってきたけれど)落ち込むこと続きで波乱の予感。どうせ生きねばならないのならば穏やかに生きたい。でも、傷付くことも傷付けることも避けられないのよ、きっと。せめて最小限に留められるよう、願うしかない。